ゼロ婚VSスマ婚VS楽婚!違いは?どれが1番おすすめ?

2021年1月8日

ゼロ婚・スマ婚・楽婚はどれがおすすめ?違いを比較

結婚式費用を少しでも抑えたいと考えた時にゼロ婚・スマ婚・楽婚などの格安婚を検討する人も多いでしょう。

格安婚の中でも有名な3つですが、3つの違いはどのようなものがあるのでしょうか?ゼロ婚・スマ婚・楽婚を比較してまとめました。

この記事の目次

この記事を書いた人
岩原由真

2020年3月に結婚した卒花嫁。2016年から3年間のウェディングプランナー経験があり、結婚式も経験しているためウェディング事情に詳しい。

ゼロ婚・スマ婚・楽婚の仕組みは一緒!?

ゼロ婚・スマ婚・楽婚は、ゼクシィなどの結婚式サイトとは異なり、結婚式をプロデュースする会社となっています。

ゼクシィのような結婚式サイトは結婚式場を紹介して、その結婚式場のプランナーに結婚式を任せます。つまり役割としては新郎新婦にピッタリの結婚式場を紹介して終わりです。

しかしゼロ婚やスマ婚のような結婚式をプロデュースする会社は、結婚式場を借りてプランナー始め結婚式当日のスタッフも自社で用意します。

つまり相談カウンターでアドバイスをくれた人が、そのまま新郎新婦のプランナーになることもあるというのがゼロ婚やスマ婚や楽婚などのプロデュース会社です。

プロデュース会社=格安婚?

ゼロ婚・スマ婚・楽婚などの〇〇婚は、別名格安婚と呼ばれることもあります。実際に3つとも安さを売りに出しているので、プロデュース会社は結婚式費用が安いと思われがちですが、実は違います。

例えばクレイジーウェディングなどのように、結婚式を完全にゼロからプロデュースする会社は費用が高額になるケースが多いです。結婚式の自由度をお金で買っている感覚です。


それに対してゼロ婚・スマ婚・楽婚は、ある程度結婚式がパッケージ化されていて結婚式の自由度でいくとそこまで高くはありません。

ではなぜゼロ婚・スマ婚・楽婚は安いのかというと、主に以下の3つがあります。

自社式場を持たない

ゼロ婚・スマ婚・楽婚は、自社で結婚式場を持っておらず、提携して結婚式場を借りています。そのため結婚式場の建設費や維持費などはかからずに済み、その分結婚式を安くできるという仕組みになっています。

提携している結婚式場としても空きがあるところを埋めてくれて会場代を支払ってくれるので、どちらにもメリットがある方法だと言えます。

持ち込み料が無料

多くの結婚式場では衣裳や引き出物などを自分で手配すると持ち込み料がかかる中、ゼロ婚・スマ婚・楽婚は各アイテムの持ち込みがほとんど無料です。

結婚式場は各アイテムのショップと提携していて、そこで紹介料や手数料といった中間マージンが発生していることがほとんどです。

それに対してゼロ婚・スマ婚・楽婚はショップと提携はしていないため、中間マージンが入らなくても何も問題はありません。

持ち込み料に関しては、以下の記事で詳細をまとめてあるので参考にしてください。


価格のパッケージ化

スマ婚・楽婚は、衣裳や装花など結婚式に必要なアイテムがすべて含まれていて〇〇万円と、費用を完全にパッケージ化していてわかりやすい上にお得感があります。

ゼロ婚はプロデュースにこだわり、パックプランを廃止しています。新郎新婦に不要なアイテムをなくし、必要なアイテムを取りそろえられるというメリットがあります。

岩原由真

ゼロ婚・スマ婚・楽婚も、安さを求めなければ自由度も高まります。しかし実際は安さを重視して依頼する新郎新婦がほとんどです。


ゼロ婚・スマ婚・楽婚のそれぞれの特徴

ゼロ婚・スマ婚・楽婚はそれぞれがプロデュース会社で、結婚式費用も安く済むということがわかりました。基本的にこの3つは、ゲストのご祝儀分だけで結婚式を挙げられるくらい安いです。

では、それぞれの安い以外の特徴はどうなっているのでしょうか?3つそれぞれの特徴を解説していきます。

ゼロ婚の特徴

ゼロ婚はその名の通り持ち出し費用0円で結婚式を挙げられる、というのが最大の特徴です。

持ち出し費用0円でも結婚式が実現できる理由は、徹底的な中間マージンのカットと、広告費の削減です。ゼロ婚ではテレビCMなどは一切行っておらず、広告は費用を抑えたWEB広告に絞り込んでいます。

また、格安婚の中でゼロ婚が人気の理由の1つに有名神社などの歴史的建造物と多数提携しており、格式高い和婚が叶えられることがあります。

対応エリア 東京・横浜・埼玉・大阪・京都
提携会場数 150件以上
持ち込み料 無料
特徴 提携会場に歴史的建造物が多く和婚にもおすすめ

その他にもゼロ婚は、以下の4つの特徴があります。

追加料金0円保証

一般的に結婚式は、契約後にアイテム追加や衣裳や料理のランクアップで追加料金が発生し、その額が100万円を超えることも珍しくありません。

しかしゼロ婚は契約前に必要なものをすべて詰め込んだアイテムで見積もりを出してくれるので、契約後に金額がアップすることはありません。

例えば衣裳に関しても、73%がランクアップなしで済んでいます。

最初から明朗会計で進めてくれて、追加料金0円保証もつけてくれているのはゼロ婚ならではのサービスだと言えます。

プロデュースにこだわり

ゼロ婚は数年前にパッケージプランを廃止しており、1組1組のプロデュースにこだわっています。そのため、不要だと思うものはつけずに必要なものだけを集めた結婚式を挙げることが可能です。

確かにパッケージプランはわかりやすくてお得感もありますが、何にいくらかかっているのかも曖昧で、不要なものを取り除けないデメリットがあります。

また、1組1組にプロデュースをしているとプランニングコストもかかりやすくなりますが、その上で結婚式費用が安いというのもゼロ婚の強みだと言えます。

強引な営業は一切なし宣言

結婚式場といえば、強引な営業をされるのではないかと不安に感じている人も多いでしょう。結婚式は一生に一度だという営業をされ、ついオプションを追加をしてしまったという新郎新婦はたくさんいます。

しかしゼロ婚では追加料金0円保証を掲げているため、強引な営業は一切しないと宣言しています。契約前に関しても、優しい対応をしてくれるスタッフが多いです。

プランナーは一貫

格安婚でも一般的な結婚式場でも多いのが、途中でプランナーが変更になるということです。ひどい場合は挙式当日のプランナーが違ったりします。

ゼロ婚は契約前から結婚式当日もずっと同じプランナーが担当してくれるため、安心感があります。もし気に入らなくて担当変更を申し入れない限り、プランナーが変わらないというのもゼロ婚のメリットです。

ゼロ婚についてさらに知りたいという人は、以下の記事に詳細をまとめてあるので参考にしてください。


岩原由真

メリットの多いゼロ婚は、顧客満足度も高くプランナーの質も高いです。プロデュース力も高く、ゲストから見ても格安婚に見えないという評価が多いです。


スマ婚

スマ婚はスマート婚の略で、格安婚のパイオニアとしてその知名度も抜群です。数ある格安婚の中でも対応エリアや提携会場はトップクラスで、格安婚といえばスマ婚を思い浮かべる人も多いでしょう。

スマ婚はゼロ婚と同様、中間マージンをカットしている上に持ち込み料もかかりません。また、スマ婚は結婚式費用の後日払いが可能です。

費用はパッケージプランとなっており、基本プランの18万円で衣裳やペーパーアイテムなどが揃います。

対応エリア 関東・東海・関西・九州エリアの18都府県
提携会場数 350件以上
持ち込み料 無料
特徴 基本プラン18万円に衣裳やペーパーアイテムなどが含まれる

その他にもスマ婚は、以下の2つの特徴があります。

キャンペーンが豊富

スマ婚はキャンペーンが豊富となっています。ただ、以前は無料相談に行くだけでディズニーのペアチケットがもらえたのですが、現在の来館特典はAmazonギフト券3,000円分しかもらえません。

成約特典はカラードレスなど最大25~30万円相当をプレゼントするキャンペーンを実施中です。

衣裳が豊富

スマ婚の衣裳は400ブランドで53,000着と選ぶのも迷ってしまうほど豊富です。ただ、基本プラン18万円の中からすべてを選べるというわけではなく、ランクアップの追加料金は当然ながら発生します。

たくさんの衣裳があったとしても、すべての中から選ぶことはできないということを覚えておきましょう。

スマ婚についてさらに知りたいという人は、以下の記事に詳細をまとめてあるので参考にしてください。


岩原由真

スマ婚では最近、オンライン結婚式も開始しています。その他少人数向け結婚式など、ニーズに応じた結婚式を挙げることができるのも強みです。


楽婚

楽婚は提携会場数も620件以上と多く、レストランやホテル・ゲストハウスなど様々な結婚式場タイプから結婚式場を選ぶことができます。

プランは料理も装花も必要最低限のものがすべて含まれたパッケージプランとなっており、安く済ませるのであればそのまま結婚式を挙げることも可能です。

ただ、ほぼすべてパッケージ化されているため、オンリーワンの結婚式を挙げることなどこだわりを持つことは難しいと言えるでしょう。

対応エリア 関東・東海・関西・九州エリアの18都府県
提携会場数 620件以上
持ち込み料 無料
特徴 パッケージプランに必要最低限のものが含まれていてお得感がある

その他にも楽婚は、以下の2つの特徴があります。

衣裳ブランドが豊富

楽婚の衣裳ラインナップは、780ブランドで34,000着以上となっていおり、ブランド数を豊富に取り揃えています。

しかしこちらもスマ婚同様、プラン内ですべてを選べるというわけではなく、良い衣裳はランクアップして追加料金を支払う必要があります。

見積もりがシンプル

すべてゲスト人数によるパッケージプランのため、見積もりがシンプルでわかりやすいです。ただしお色直しやスナップ写真データ、挙式を人前式から教会式にするなどはオプションとなっています。

多くの人がプラン内に収めずオプションをつけているので、オプションによっては費用も高額になっていくことを認識しておきましょう。

楽婚についてさらに知りたいという人は、以下の記事に詳細をまとめてあるので参考にしてください。


岩原由真

楽婚は引き出物などもパッケージ化されているため、今人気の宅配サービスの利用もできません。すべてのパッケージ化はお得感があるのがメリットですが、一方で持ち込みしたくてもできないデメリットもあります。


ゼロ婚・スマ婚・楽婚の違いを比較!

ゼロ婚・スマ婚・楽婚それぞれの特徴を紹介しました。では、それぞれの違いは何があるのでしょうか?衣裳数や申込金など、結婚式において気になるポイントを比較しました。

ゼロ婚 スマ婚 楽婚
公式サイト 公式サイト 公式サイト
申込金 10万円 0~5万円 3万円
衣裳数 10,000着以上 53,000着以上 38,000着以上
結婚式場数 150件以上(5都府県) 350件以上(18都府県) 620件以上(18都府県)
料金プラン 完全プロデュース 基本プラン18万円で一部をパッケージ ゲスト人数に合わせてほぼパッケージ
オリコン 1位 3位 2位
人気日の取りやすさ

スマ婚は申込金0円と記載があることもありますが、実際に問い合わせてみたところプランによって0~5万円の申込金がかかるようです。

衣裳についてはスマ婚が1番取りそろえが多く、結婚式場数に関しては楽婚が1番多くなっています。オリコンについてはゼロ婚が1位となっており、どこも強みに違いを持っています。

引用元:オリコン

ゼロ婚は料金のパッケージ化をせず、プランニングコストのかかる完全プロデュースにしている上でも金額が安いということから、顧客満足度が高いという結果が出ています。

逆にすべてをパッケージ化していある楽婚は、新郎新婦も打合せが楽になるというメリットを持っています。

岩原由真

ゼロ婚と楽婚の間を取っているのがスマ婚というイメージです。トータルの結婚式費用に関しては、どこも大きな差は生まれません。


ゼロ婚・スマ婚・楽婚の口コミを紹介!

では、ゼロ婚・スマ婚・楽婚のそれぞれの口コミは良いのでしょうか?実際に無料相談に行ったり、結婚式を挙げたという新郎新婦の口コミを紹介します。

ゼロ婚の口コミ
yumiさん

和婚ができて満足!

持ち出し費用0円で色打掛も着れて、誰もが知るような神社でも結婚式ができるということでお願いしました。ご祝儀が予定より多くもらえて、結婚式費用もプラスになってしまったのは嬉しい誤算でした。

はるなさん

短期間でも満足の結婚式

結婚式予定日の3ヵ月前に申し込みましたが、ゼロ婚スタッフさんはすべてのプランニングがスムーズでさすがの一言でした。他に比べてプランナーさんの力が優れていると思います。

ルナさん

クオリティ高い

格安婚と言われていますが、まずバレないクオリティの高さです。これだけ安くても普通に結婚式を挙げられるのか!と感動しました。

ゼロ婚は、全体的に良い口コミが目立ちます。格安婚の中でもプロデュース力や提案力が強いというところが人気となっているようです。

スマ婚の口コミ
akiさん

ドレスが豊富で嬉しかった

ドレスが他に比べて豊富な上に金額も安かったので満足でした。ただ、ドレスはランクアップしなければいけないものが多かったような気がします。

やすさん

当日にミスが

何でも持ち込めてしかも無料ということで、結婚式の費用をかなり抑えることができました。しかし結婚式当日、スマ婚のスタッフさんのミスで予定していた曲が流れなかったのは残念でした。

やすさん

人気日取りにくい

人気の日取に関しては予約をしにくい印象です。また、希望日でないところに予約を入れさせようとされました。

スマ婚はプランナーの質が少し低いという口コミが多い結果に。ただ、金額が安い上にドレスも豊富だというポジティブな意見もありました。

楽婚の口コミ
サヤカさん

トータルで安い

金額がパッケージプランで決められているのでわかりやすく、トータルで安いと思います。ただ、こだわりが強いとオプションを多くつけなければいけないのでその分高額になります。

HARUさん

打合せがスムーズ

選ぶものが決められているので、打合せはかなりスムーズに運んだと思います。他の結婚式場はわかりませんが、ストレスはありませんでした。

ゆうさん

持ち込みしにくい

ウェルカムボードなどは持ち込みできるが、衣裳や引き出物はプランに含まれているため持ち込みできず。結局あまり節約できないように感じられた。

楽婚はパッケージプランが良いという意見と悪いという意見が分かれます。オリジナリティを求めるのであれば、楽婚は向かないと言えるでしょう。

岩原由真

結婚式にこだわりたいならゼロ婚、打合せなどで楽をしたいなら楽婚、間を取りたいのならスマ婚というイメージです。


ゼロ婚・スマ婚・楽婚はどれがおすすめ?

以上を踏まえて、BEST MARRIAGEが1番におすすめするのはゼロ婚です。

ゼロ婚は格安婚と呼ばれる中でも良い意味で1番格安婚っぽくありません。完全プロデュースをしてくれるのはもちろんですし、日取に関しても土日祝や大安などの人気日を押さえやすいのがおすすめポイント。

追加料金0円保証という安心感も大きく、予算に合わせた結婚式を行うことが可能です。結婚式の金銭トラブルに関しても起こる可能性はほぼゼロだと言えるでしょう。

ニーズに合わせた結婚式が可能

ゼロ婚では少人数の結婚式や会費制にした1.5次会など、ニーズに合わせた結婚式が可能です。特にコロナ禍の今、大人数の結婚式は避けたいという新郎新婦も多いでしょう。

完全プロデュースをしているゼロ婚は、1組1組のニーズに合わせたプランニングが可能なので、希望のスタイルで結婚式を挙げることが可能です。

結婚式を実施するかしないか迷っている、結婚式の方向性について迷っているという人でも、温かく迎えてくれます。

岩原由真

ゼロ婚はスタッフの人柄も良く提案力も高め。結婚式においての安心材料がそろっていると言えます。


ゲストの満足度は意識すること!

格安婚を利用するとなっても、会費制にしない限りゲストにとっては一般的な結婚式と同額のご祝儀を包むことになります。

その上で料理や引き出物など、ゲストに還元するアイテムの質が悪ければ確実に満足度は下がってしまいます。

自己負担額を0円にすることにこだわるのではなく、少し自己負担額を増やしてもゲストを満足させることを意識しなければ、ゲストから不評を受ける結婚式になる可能性があるので注意してください。