プロポーズで人気のシチュエーション!場所やタイミングを徹底調査

2020年12月12日

場所やタイミングを教えてほしい!プロポーズで人気のシチュエーション

プロポーズをしようと考えた時に、シチュエーションに関しては必ずと言っていいほど考えることかと思います。男性にとっては一世一代のイベントなので(今は逆プロポーズも増えていますが)、色々とこだわってプロポーズをしたい人も多いでしょう。

では、女性はどのようなシチュエーションのプロポーズに憧れているのでしょうか?プロポーズのシチュエーションに関して徹底解説します。

この記事の目次

こちらの記事は以下のサイトを参考にしております
ゼクシィ 結婚トレンド調査2020調べ
ゼクシィ
PR TIMES
I-PRIMO 結婚準備室


この記事を書いた人
杉崎真

2019年9月に結婚。2017年からウェディング事業のスタートアップ企業をお手伝いし、ウェディングプランナーの仕事も兼ねる。正しい結婚式の情報をお届け。

プロポーズはそもそもするべき?女性陣の本音

結婚するときにプロポーズをされたいという女性は20代で89.5%、30代で88.2%、40代で75.6%となっています。

年代 プロポーズされたい割合
20代女性 89.5%
30代女性 88.2%
40代女性 75.6%

プロポーズへの憧れは年齢とともに減少してくるものの、総合しても8割以上の女性がプロポーズに憧れを持っているということになります。

実際にプロポーズをしたという男性は全体の84%に昇り、逆プロポーズという言葉が出てきている現在でも、やはりプロポーズは男性からというのが定番のようです。

プロポーズの有無 割合
夫から妻へ 84.0%
妻から夫へ 1.7%
なし 14.1%
無回答 0.2%

プロポーズは勇気のいるものですが、その役割は男性に託されているという認識が現在でもあるため、例え男性がプロポーズは恥ずかしいから避けたいと考えても中々避けられないというのが実情です。

その上、プロポーズが必要だと考えいている女性は約9割います。結婚を考えている男性は、プロポーズは避けては通れない道だと考えておいた方が良いかもしれませんね。

プロポーズなしでどう結婚する?

プロポーズなしでも結婚した人は14.1%と、一定数います。プロポーズなくしてどう結婚まで持ち込めたのかというと、以下の3つが主な要因のようです。

  • 授かり婚
  • 結婚を口に出しすぎる
  • 親に進められる
  • 1番多いのは子供を授かって、結婚するしか選択肢はないというものです。子供を授かること事態が一種のプロポーズみたいなものですね。

    2番目に多いのは、結婚のことを口に出しすぎてどれがプロポーズかよくわからないというもの。ハッキリとしたプロポーズがなくても、何となく流れで結婚する典型的な形です。

    そして最後に、親に会ったときにもう結婚するものだと思われて結婚の話を進められること。周囲の人が背中を押してくれて結婚に結びつくこともよくあります。

    もちろん、成り行きに任せずに改めてプロポーズをする男性もいますが、口に出せずに成り行き任せになってしまう男性もいます。

    杉崎真

    プロポーズを自分からするのは避けたいという男性も少なからずいるので、もしプロポーズがなくても大きな心で許してあげてください。


    プロポーズは自宅で!?人気のシチュエーション

    では女性が憧れるプロポーズのシチュエーションはどのようなものが人気なのでしょうか?シチュエーションとして大切な役割を果たすプロポーズの場所として選ばれているのは以下のとおりです。

    1位 自宅もしくは相手の家(28.7%)
    2位 レストランなど飲食店(21.0%)
    3位 夜景スポット(15.0%)
    4位 旅行中(10.9%)
    5位 2人の思い出の場所(7.5%)
    6位 テーマパーク(6.2%)
    1位:自宅もしくは相手の家

    自宅という場所は2人でのプライベート空間も確保されているため、誰にも聞かれることなく、そして邪魔されることなくプロポーズの言葉を口にできます。

    特にプロポーズのシチュエーションとして人気なのが「何気ない会話の中で」というものです。何気ない会話の中でプロポーズをされて婚約指輪を出されたら、そのギャップにやられてしまうという意見が目立ちました。

    そしてプロポーズの後にシャンパンで乾杯やあらかじめ用意していたケーキを2人で食べるなど、プチサプライズを用意することで本気感も増します。

    自宅はリラックスした中でプロポーズができるので、緊張しやすい人にもおすすめの場所と言えます。

    メリット リラックスした中でプロポーズができる
    デメリット ・特別感に欠けたプロポーズになる
    ・アパートなどの場合引っ越したらその場所にもう行けない
    1位:自宅もしくは相手の家

    テレビでも良く見るレストランでのプロポーズは超定番の場所で、女性にとっても憧れがある場所と言えます。

    普段行かないようなレストランに行くと、女性からしてもプロポーズを読んでくる可能性もあります。しかしお互いに緊張感が高まってのプロポーズは、受け取る側にとっても良い思い出になるでしょう。

    プロポーズの場所としてレストランを選ぶのであれば、レストランを予約する際はプライベート感のある席を用意してもらい、必要なことがあれば店員に手伝ってもらいましょう。

    メリット 非日常を味わえる場所でのプロポーズは思い出に残りやすい、レストランならその後の記念日にも使える
    デメリット プロポーズ時の周囲の目は大丈夫?気になって緊張する人にはプロポーズが難しいシチュエーション
    3位:夜景スポット

    夜景スポットは東京ではお台場、横浜ではみなとみらいなど、定番スポットがたくさんあります。定番スポット以外にも、夜景が見えるレストランもプロポーズで人気のスポットです

    夜景スポットは普段のデートでも使いやすいので、自然な形でプロポーズに持ち込みやすいと言えます。

    人気の夜景スポットは周囲に人がいて目立ってしまう場合があるので、周りに見られたくない場合は穴場の夜景スポットを選択しましょう。

    メリット ・ロマンチックな演出にはピッタリ
    ・プロポーズ後は2人の思い出の場所になる
    デメリット 人気スポットは周囲からの注目を浴びてしまう可能性がある
    4位:旅行先

    旅行が好きなカップルにおすすめなのは、旅行先でのプロポーズです。特に温泉旅行で普段よりちょっと高めなホテル・旅館に宿泊すると雰囲気もあって良いプロポーズができるでしょう。

    また、プロポーズをした場所として記念となり、その場所への旅行にもその後行きやすいというのも1つのメリットです。

    ただし、ビジネスホテルでのプロポーズはご法度と言えます。雰囲気もなく、パートナーにも引かれてしまうこと間違いなしです。

    メリット 2人の思い出の場所としてその後また旅行に行きやすい
    デメリット 観光目的のビジネスホテル宿泊でのプロポーズはムードがない
    5位:2人の思い出の場所

    2人の思い出の場所は、憧れのプロポーズの場所としては第1位です。告白して交際がスタートした場所、2人で最初に行ったデート場所や旅行先、良く出かける場所など2人の思い出の場所はプロポーズにふさわしいです。

    2人が大切にしている思い出の場所があるのであれば、そこでのプロポーズも素敵です。もし2人の大切にしている場所でプロポーズをしたら、今後も2人にとってより大切な場所となっていくでしょう。

    良く出かける場所でプロポーズをするのであれば、夫婦喧嘩など何かあった時(ないのが1番です)の原点回帰もできる場所になります。

    メリット ・憧れのプロポーズの場所第1位
    ・プロポーズをすることでさらに思い出の場所感が濃くなる
    デメリット 場所によってどの程度のプロポーズ演出ができるかがカギ
    6位:テーマパーク

    テーマパークでのプロポーズは芸能人もよく使ったと公言していますね。特にディズニーは大人気のプロポーズ場所です。

    シンデレラ城の前でガラスの靴を渡したり、ミラコスタでショーを見ながらプロポーズしたりと、場所やシチュエーションも様々です。

    ミッキーやミニーなどのキャラクターに祝福してもらえるプロポーズもあります。ディズニー好きな女性であれば、贅沢で思い出に残るプロポーズとなるのは間違いありません。

    メリット プロポーズのシチュエーションを沢山考えられる
    デメリット チケット代はもちろん、プロポーズのシチュエーションにお金を使う場合も
    プロポーズの場所は自宅が人気!

    プロポーズで1番人気のある場所は自宅だということがわかりました。普段一緒に過ごしている場所が、自分たちにとって1番特別な場所であるというカップルが多いようです。

    計画を何も立てずにプロポーズをするという人はあまりいないかとは思いますが、プロポーズは場所やシチュエーションに限らず準備と計画が大切です。

    例えばプロポーズに婚約指輪を用意したいのであれば、プロポーズ計画日から最低でも2カ月前にはオーダーしておくのが無難です。プロポーズをしたい場所に関しても、あまり行ったことがない場所であるなら下見に行っておいた方が良いでしょう。

    杉崎真

    誰にも見られたくないなら自宅やホテルで、ちょっと派手にいきたいなら外に出ると良いでしょう。ちなみに私は自宅でプロポーズしました。


    プロポーズをするタイミングは特別な日が良いの?

    プロポーズのシチュエーションとして場所以外にも大切な要素がタイミングです。誕生日など特別な日にプロポーズをするというイメージを持つ人も多いかと思いますが、実際にプロポーズした人のタイミングは以下のとおりとなっています。

    1位 何でもない日(61.4%)
    2位 自分の誕生日(8.8%)
    3位 クリスマスなどのイベント(6.9%)
    4位 交際記念日(5.2%)
    5位 2人の思い出の場所(7.5%)
    6位 相手の誕生日(3.4%)
    1位:何でもない日

    意外に思うかもしれませんが、プロポーズをするタイミングとして1番多いのは誕生日でも記念日でもばく、何でもない日です。

    プロポーズをしたいと思うタイミングでイベント日がなければ、何でもない日でも良いと考える人が多いようです。むしろプロポーズをしたことにより、その日を特別な日にしようと考える人も多いです。

    2位:自分の誕生日

    こちらも意外ですが、相手の誕生日よりも自分の誕生日にプロポーズをしている人が多いという結果になりました。

    「プロポーズの成功は、自分への最高のプレゼント」という意味を込めてプロポーズする人も多いようです。

    3位:クリスマスなどのイベント

    クリスマスはイルミネーションなども幻想的で、街はカップルで賑わうというイメージを持っている人も多く、プロポーズの背中を押してくれるような気持ちになります。

    デートで色々なところに出かけやすいということもあり、どこをプロポーズの場所に選んだとしても怪しまれずにプロポーズをしやすい日だと言えます。

    4位:交際記念日

    付き合い始めて1年や2年のタイミングで、その節目としてプロポーズを考える人も多いです。

    実際に交際記念日に結婚を意識するという女性も多いです。しかし自分の交際記念日を覚えていないという男性も意外と多いのが実情です。

    5位:相手の誕生日

    プロポーズでサプライズを仕掛けたいのなら、1番仕掛けやすいのが相手の誕生日です。サプライズを仕掛けられてもプロポーズと気づかれにくいため、どうしてもサプライズをしたい人は相手の誕生日が狙い目といえます。

    しかしあまりに大掛かりなサプライズはパートナーが引いてしまう可能性があるので注意してください。

    杉崎真

    個人的には「何でもない日を特別な日にする」という考え方に好感を持てます。プロポーズのタイミングは、特にこだわらなくても良さそうです。


    プロポーズのプレゼントはやっぱり婚約指輪が良いの?

    プロポーズと同時に思い浮かべるものとして、婚約指輪という人も多いのではないでしょうか?婚約指輪をあげた・もらったという人は74.4%となっています。

    そしてプロポーズの際に婚約指輪を用意していたという人は44.0%となっており、おおよそ2人に1人はプロポーズの時に婚約指輪を用意していたということになります。

    婚約指輪をあげた・もらった 全体の74.8%
    プロポーズ時に婚約指輪を用意した 全体の44.0%

    また、婚約指輪に対する満足度は、97.7%とほぼ全員が婚約指輪に対して満足していると答えています。

    画像引用:I-PRIMO 結婚準備室

    このデータからも、世の中の女性は婚約指輪に憧れを少なからず抱いており、実際にもらうと嬉しいものだということがわかります。

    プロポーズ時に「パカッ」とケースを開くのも定番の演出となっており、それしか思い浮かばないがために婚約指輪を購入したという男性もいます。

    婚約指輪以外のプロポーズはあり?

    婚約指輪の用意が間に合わなかったり、予算的に厳しいという人はプロポーズ時までに無理して用意する必要はありません。

    何も用意しない人ももちろんいますし、花束などの簡単な贈り物を用意する人もいます。

    プレゼントを用意することで気持ちがよりこもりやすいということもまた事実なので、婚約指輪まではいかなくとも何かを用意してあげることをおすすめします。

    プロポーズ時の婚約指輪に関わることは、以下の記事に詳細をまとめてあります。


    杉崎真

    プロポーズ時に婚約指輪を用意する必要はないのですが、あるとプロポーズしやすいというのは確かです。予算的に厳しくても、10万円以下で購入できる婚約指輪もありますよ。


    プロポーズに大げさなサプライズは必要ない?

    プロポーズの際に婚約指輪や花束などのプチサプライズはあった方が喜ばれる傾向にありますが、大げさなサプライズは必要ありません。

    例えばプロポーズにお金をかけてフラッシュモブを頼んだり、友人を呼んで一緒に祝福したり、あまり事を大きくしすぎるとクオリティも求められてしまいます。

    実際にサプライズで派手にプロポーズをしてほしいという女性は、20代で5.9%、30代で7.0%、40代で2.0%とごくわずかです。

    画像引用:PR TIMES

    そして、忘れてはいけないのはプロポーズを断られる可能性もあるということです。大きなサプライズはプロポーズに対しての「イエス」を強要されていると感じてしまう人もいるでしょう。

    他人は巻き込まずに2人で

    プロポーズで大切なことは他人を巻き込まずに2人で行うことです。もちろんレストランなどの場所でプロポーズをするときはスタッフさんの協力なども不可欠になりますが、それはまた別問題です。

    「これから2人でずっと」というのがプロポーズですから、そこに他人は必要ないという考えを持っている人も多いです。他人を巻き込んでサプライズをしたいのなら、プロポーズではなく結婚式の時にするとみんなが楽しめておすすめです。

    現在は自宅でのプロポーズに憧れる人が多いほど、控え目なプロポーズが好まれる傾向にあるので大げさにしてしまうと相手に引かれてしまうかもしれませんよ。

    杉崎真

    シチュエーションによるサプライズは歓迎される傾向にありますが、大げさなサプライズイベントを起こしてのプロポーズは好まれない傾向にあるので注意しましょう。


    プロポーズのきっかけは?交際からの期間

    プロポーズのきっかけが掴めないという男性も多くいる中で、一体交際からどれくらいの期間でプロポーズをした人が多いのでしょうか?

    答えは交際から1年未満が35.8%と1番多く、交際から2年以内にプロポーズをしている人が全体の約7割を占めています。

    画像引用:ゼクシィ

    あまりに長く交際をしてしまうと、プロポーズや結婚のタイミングがわからなくなってしまう人も多いです。

    問題は覚悟があるかどうかなので、早めに覚悟を決めてプロポーズすることをおすすめします。待っている女性も多いですよ。

    1番多いきっかけは経済的理由

    結婚して結婚式をするとなればお金がかかりますし、子供ができればまたお金がかかります。経済的に安定してきたということをきっかけにプロポーズをする男性は多いです。

    結婚にかかるお金については、以下の記事に詳細をまとめてあるので参考にしてください。


    また、年齢を考えてそろそろ結婚をしなければと、自分やパートナーの年齢がきっかけになることもあるでしょう。

    しかし収入に関しては、安定していないのなら安定していないで何とかなります。逆にお互いに1人暮らしをしている場合は、結婚した方がお金は貯まりやすくなります。

    きっかけにとらわれず、結婚したいと考えた時に結婚するのが1番です。

    杉崎真

    結婚を考えている女性としては待っている方がつらいというのも事実です。タイミングばかり気にしていては、いつまでも結婚できなくなってしまうかもしれませんよ。


    プロポーズのシチュエーションは自宅が人気!

    時代の流れもあり、プロポーズのシチュエーションは自宅でプチサプライズをしながら行うのが1番人気があるということがわかりました。

    プロポーズは「する」と決めたその日から計画と準備に入ることが大切です。そしてそのプロポーズの準備があるからこそ成功します。みなさんのプロポーズの成功を願っています。