結婚指輪の価格相場はどれくらい?人気のデザインやブランドも解説

2020年12月20日

結婚指輪で人気のデザインは?人気ブランドの価格相場も解説

結婚をするときにほとんどの人が購入している結婚指輪。なんとなく買ってつけている人も多いですが、結婚指輪はちゃんとした意味があります。

では、結婚指輪の意味には何がこめられているのでしょうか?結婚指輪についての意味はもちろん、人気のデザインやブランド、価格相場まで徹底解説します。

この記事の目次

こちらの記事は以下のサイトを参考にしております
ゼクシィ 結婚トレンド調査2020調べ


この記事を書いた人
岩原由真

2020年3月に結婚した卒花嫁。2016年から3年間のウェディングプランナー経験があり、結婚式も経験しているためウェディング事情に詳しい。

結婚指輪の意味はなに?なぜ左手の薬指にはめるの?

夫婦で結婚指輪をする意味は、「永遠の愛の証」「結婚している目印」という2つです。

結婚指輪(マリッジリング)はおふたりが夫婦となり、永遠の愛を誓った証として身に着けられています。
いちど結婚指輪を着け始めると外さない方が多いことから、結婚しているかどうかの目印とされる場合も多いようです。

引用元:4℃ブライダル

またなぜ指輪なのかというと、リングは途切れていないことからもエンドレスを表し、どちらも2人の愛が永遠(エンドレス)に続く願いがこめられています。

結婚指輪として2人で同じリングを身につけることにより、2人で1つの毎日を永遠に過ごす、という意味もこめられています。

また、指輪のブランドごとにブランドイメージが異なります。例えば有名なティファニーは、「真実の愛と永遠の誓いのシンボル」です。

結婚指輪の意味に加えて、ブランドイメージも併せて指輪の願いにこめられると素敵です。

なぜ左手の薬指にはめるの?

結婚指輪は基本的に左手の薬指にはめるのが一般的で、「心に1番近いから」というのが理由となっています。

左手の薬指に結婚指輪を着けるようになった理由は、古代ギリシャ時代の考え方がベースになっているといわれています。
当時、心は心臓に宿るもので、左手の薬指は心臓と一本の血管で繋がっていると考えられていました。
心臓(心)にいちばん近いとされる薬指に「永遠」を意味する指輪を着けることで、「永遠に相手の心と繋がる」ことを表しているとされています。

引用元:4℃ブライダル

何となく左手の薬指にはめるのが当たり前になっていますが、しっかりとした意味をこめられています。

岩原由真

意味も知らずになんとなく身につける人も多い結婚指輪ですが、一生身につけるものなので意味を理解していた方が愛着もわきます。


結婚指輪の価格相場はいくら?安いのを選んで大丈夫?

結婚指輪の平均購入額は、新郎新婦おふたり分の合計で25.1万円となってます。

1つにつき10万円ちょっとの結婚指輪が一般的です。また、男女の差を見ると男性の結婚指輪が11.6万円、女性の結婚指輪が13.6万円と女性の方が若干高額です。

理由としては女性の結婚指輪はデザインとしてダイヤモンドなどの石が埋められているものも多いためです。

ちなみに、有名ブランドでも1つ5万円程度のものもあります。結婚指輪の価格はピンキリなので、2人のお財布事情を見て購入しても良いでしょう。

買わない人はいるの?

結婚するときに結婚指輪を購入したという人は98.2%となっており、ほぼ全員が結婚指輪を購入しているということになります。

もちろん、金銭的な理由から購入を諦めてしまう人もいらっしゃるかもしれませんが、結婚指輪にこめられる意味を考えると持っておいた方が良いでしょう。

仮に価格が安くても、結婚指輪を購入して身につけることによる安心感や、結婚しているという実感が生まれます。

婚約指輪1つより安く収まるケースも

婚約指輪の平均額が1つで35.7万円に対して、結婚指輪の平均額が2つで25.1万円となっています。

婚約指輪に関しては普段から身につけるものではなく、ダイヤモンドを使用した目立ったデザインのものが多いため、金額としては高額です。

一方で結婚指輪は普段から身につけるもののため、デザインとしてはシンプルなものが多く、価格が婚約指輪に比べて安いケースが多いです。

婚約指輪についての詳細は、以下の記事にまとめてあるので参考にしてみてください。


岩原由真

婚約指輪は男性から女性に贈るのが一般的ですが、結婚指輪に関しては2人でお金を出し合って購入するのが一般的です。


結婚指輪の人気ブランドを価格帯別に紹介

では、結婚指輪はどのブランドを選べば良いのでしょうか?以下に人気ブランドの価格帯やイメージをまとめました。

人気リングの価格帯 最安値 ブランドイメージ

GALA
10万円 49,800円 夢のプライスとクオリティーを実現

4℃ブライダル
21万円 49,800円 すべての女性たちへ美しさと、ときめきを

I-PRIMO
20~25万円 11.8万円 人生の新たなスタートを見守る存在であり続けたい

銀座ダイヤモンドシライシ
25万円 14.2万円 ふたりに寄り添い幸せをかたちにしたい

NIWAKA
26.3万円 12.8万円 リングを指につけた瞬間から始まるふたりのストーリー

エクセルコダイヤモンド
28万円 16.9万円 完璧な輝きの原点。

トレセンテ
25万円 15.8万円 つむぐ想い、きらめく。

ティファニー
30~50万円 7.59万円 真実の愛と永遠の誓いのシンボル

カルティエ
30~40万円 16.72万円 世界各国の王室御用達ジュエラー

価格帯が安くて本格的な結婚指輪を求めるのならGALAが人気です。ダイヤモンドの質にこだわりたいのなら銀座ダイヤモンドシライシやエクセルコダイヤモンド、和のデザインにこだわりたいのならNIWAKAなど、それぞれのコンセプトに合わせて選ぶと良いでしょう。

ティファニーやカルティエなどの海外ブランドは、デザインも特徴的となっていて価格帯も高めです。

多くの有名ブランドで結婚指輪の価格帯は20~30万円の範囲内で収まるので、あとはデザインやブランドイメージを見つつ決めていくと良いでしょう。

岩原由真

結婚指輪のブランドは数が多くて迷ってしまいますが、予算やデザイン・ブランドイメージなどを加味して決めていくと良いでしょう。


結婚指輪の人気のデザインはシンプルなもの!

では結婚指輪ではどのようなものが人気となっているのでしょうか?基本的には以下の3つが定番となっています。

  • 材質はプラチナ
  • 女性はダイヤ・男性は石なし
  • ストレートライン
  • 材質はプラチナが良い

    結婚指輪の材質に関しては永遠の輝きを、という意味を込めてプラチナが圧倒的人気を誇ります。

    材質の中で1番高価ですが、その分プラチナはくすみづらいので手入れの頻度が少なくて済みます。基本的に毎日身につけるものなので、手入れが少なくても輝きが続くものが良いでしょう。

    ゴールドはプラチナよりもくすみやすいですが、価格がプラチナよりも安いのが特徴です。また、デザイン性を重視したプラチナ×ゴールドもあります。

    女性はダイヤ・男性は石なし

    婚約指輪には大きなダイヤモンドをつけるのが圧倒的人気ですが、結婚指輪に関しては小さいダイヤを散りばめているデザインが女性には人気で、男性には石が何もついていないデザインが人気です。

    理由は簡単で、毎日つけるから動きやすいものが良いということからです。また、大きい石をつけてしまうと毎日つけるものがゆえに、どこかにぶつけて外れてしまう場合もあります。

    結婚指輪はどちらかというと派手目よりもシンプル目が好まれる傾向にあります。

    ストレートラインが定番

    結婚指輪のラインには以下の4つがあります。

    ストレートライン
    流行に左右されず、いつまでも人気で男性でも身につけやすい。婚約指輪と重ねづけもしやすい。

    画像引用:4℃ブライダル


    ウェーブライン(S字ライン)
    指を長く見せてくれて関節の太さを隠してくれる。女性のリングはウェーブラインにダイヤがあるものも多い。

    画像引用:4℃ブライダル


    V字ライン
    Vの角度で印象が変わる。婚約指輪と結婚指輪を統一してV字ラインにするとキレイに見えるため、統一する人が多い。

    画像引用:4℃ブライダル


    エタニティ
    リングの外周すべてにダイヤが埋められているデザイン。高額なものが多く、あまり選ぶ人はいない。

    画像引用:4℃ブライダル

    この中でもストレートラインが定番となっており、エタニティを選ぶという人は少な目となっています。

    結婚指輪は男性も身につけるものなので、お揃いで身につけるものなら男性・女性のどちらにも合うデザインを選択しましょう。

    岩原由真

    デザイン性にこだわるのならウェーブラインやV字ラインがおすすめです。シンプルが良いなら、ストレートラインが間違いないと言えるでしょう。


    オリジナルが良い?結婚指輪の作り方はどれが人気?

    結婚指輪には既製品・セミオーダー・フルオーダー・自分たちで手作りをするという4つの選択肢があります。

    少しでもオリジナルなものにしたいと考えているのなら、既製品以外を選択すると良いしょう。

    ちなみにセミオーダーが多い婚約指輪と違って、結婚指輪は半数以上が既製品を購入しており、オリジナル性を求めていないことがわかります。

    なぜ既製品が人気?

    結婚指輪はなぜ既製品を購入する人が多いのかというと、そもそもフルオーダーの結婚指輪を扱っているところ自体が少ないということにあります。

    また、婚約指輪と違ってシンプルなものが好まれる傾向にあるため、デザイン性を求めておらず既製品で十分と考える新郎新婦も多くいます。

    オーダーのものだと少し手間や時間がかかってしまうため、2人の時間をあまり取れないという新郎新婦にはオーダーが厳しめです。

    岩原由真

    デザイン性にこだわるのならウェーブラインやV字ラインがおすすめです。シンプルが良いなら、ストレートラインが間違いないと言えるでしょう。


    結婚指輪のデザインはシンプル目が人気!

    結婚指輪を購入する際は、意味などをよく理解して予算に合わせたおふたりに最適なものを選ぶようにしましょう。

    結婚指輪は普段よく身につけるもののため、デザインはストレートラインなどのシンプル目が人気であり、オーダー品よりも既製品が人気です。

    2つで20~30万円で購入できるものが多いですが、安さを求めるのであれば10万円以内で用意することもできます。