ハナユメとゼクシィを比較!キャンペーンなどの違いはなに?

2021年1月19日

ハナユメとゼクシィの違い!キャンペーンや料金などを徹底比較

結婚式場をどこにするか迷ったときに、ハナユメやゼクシィなどの結婚式サイトを見るという人は多いかと思います。

ハナユメとゼクシィ、2つとも有名な結婚式サイトですがいったい何が違うのでしょうか?ハナユメとゼクシィを比較して、2つの違いをまとめました。

この記事の目次

この記事を書いた人
岩原由真

2020年3月に結婚した卒花嫁。2016年から3年間のウェディングプランナー経験があり、結婚式も経験しているためウェディング事情に詳しい。

ハナユメとゼクシィの各特徴を解説

ハナユメとゼクシィの大まかな特徴にはどのような違いがあるのでしょうか?ハナユメとゼクシィそれぞれの特徴についてまとめました。

ハナユメ

ハナユメはここ最近人気になってきている結婚式場紹介サイトで、以前はすぐ婚naviという名前でした。

最大の特徴はキャンペーン特典や割引制度が大きいということだと言われています。

ブライダルフェアにハナユメを経由して行って成約すると最大50,000円分の電子マネーをもらえたり、ハナユメ経由で結婚式を挙げると最大で100万以上も割引になるハナユメ割があります。


結婚式を予算を少しでも減らしたいという新郎新婦はハナユメがおすすめだと言えるでしょう。ただ、提携会場を全国に所有しているというわけではなく、対応している地域がゼクシィに比べ限られているので注意が必要です。

  • キャンペーン特典は最大50,000円分の電子マネー ※四国・中国は40,000円分
  • ハナユメ割という割引制度で最大100万円以上の結婚式費用割引
  • 地方には提携会場が少なくハナユメの利用が難しい
  • 岩原由真

    ハナユメは結婚式場が少ないながらも、結婚式費用が安く済むような式場を厳選しています。また、ブライダルフェアのキャンペーンも人気です。


    ゼクシィ

    ゼクシィは雑誌もあり、CMもありで結婚式といえばゼクシィと考える人も多いほど知名度が高いです。また、結婚式だけでなく保険などの人生を支えるサポートも充実しています。

    それだけ知名度もあるゼクシィですから、提携している結婚式場も多く、どの地域にいても結婚式を挙げることができます。

    キャンペーン特典に関してもブライダルフェアをゼクシィ経由で行くと26,000円分(指輪探しの6,000円分含む)の電子マネーを受け取ることができます。

    また、割引制度はゼクシィには花嫁割というものがあり、成約から半年以内の結婚式で最大100万円以上を割引くことが可能となっています。


  • キャンペーン特典は最大26,000円分の電子マネー ※北海道・四国は10,000円分
  • 花嫁割という割引制度で最大100万円以上の結婚式費用割引
  • 全国どこでも結婚式場があるため地方でも対応可能
  • 岩原由真

    人気の結婚式サイトは、ハナユメとゼクシィ以外にもマイナビウエディングがあります。マイナビウエディングに関してもゼクシィと比較している記事があるので、気になる人は以下の参考にしてください。



    ハナユメとゼクシィはココが違う!2つを比較

    ハナユメとゼクシィの大まかな特徴を紹介しました。では、ハナユメとゼクシィの具体的な違いはどのようなものがあるでしょうか?ハナユメとゼクシィを比較して違いをまとめました。

    ハナユメ ゼクシィ
    結婚式場数 600件以上 2,200件以上
    対応エリア 関東・東海・関西・中国・四国・九州エリアの23都府県 全国47都道府県
    相談カウンター 12カ所 69カ所
    キャンペーン特典 電子マネー最大26,000円分 電子マネー最大26,000円分
    割引プラン ハナユメ割で最大100万円以上 花嫁割で最大100万円以上
    イベント特典 6,000円分の電子マネー 1,000円分のクオカード+スマホリング+抽選プレゼント
    オリコン順位 1位 3位

    以下では各項目について、ハナユメとゼクシィをより詳しく解説していきます。

    結婚式場数はゼクシィの勝ち

    ハナユメの提携している結婚式場数が600件以上に対して、ゼクシィは2,200件以上と4倍以上の差をつけていて圧倒的な違いがあります。

    各地域の結婚式場数の詳細に関しては、以下の表のとおりです。

    ハナユメ ゼクシィ
    北海道 2件 78件
    東北 0件 109件
    関東 159件 533件
    中部 159件 533件
    関西・中国 145件 505件
    四国・九州・沖縄 60件 351件

    各地方の結婚式場の件数を見ると、ハナユメよりもゼクシィの方が圧倒的に掲載している件数が多いことがわかります。

    ちまたでは結婚式場はゼクシィに掲載しなければ契約を取ることは難しいと言われているほどです。だからこそ、ゼクシィにはほとんどの結婚式場が掲載されていると思っておいて差し支えありません。

    調査した結果、ハナユメに掲載されている結婚式場はゼクシィにも掲載されているというケースがほとんどです。

    対応エリアはゼクシィの勝ち

    対応エリアは、ハナユメよりゼクシィの方が多いです。ハナユメは20都府県に提携会場がありますが、ゼクシィは全国47都道府県に提携会場があります。

    地域によってはゼクシィしか選択肢がないために、ゼクシィ経由で結婚式を挙げる新郎新婦も多くなる傾向にあります。

    相談カウンターはゼクシィの勝ち

    相談カウンターは、ハナユメが全国に12カ所、ゼクシィが全国に69カ所とゼクシィの方が多いです。ハナユメと違いゼクシィは対応エリアも大きい分、相談カウンターも全国に多く設置されています。

    ゼクシィに関しては規模感が圧倒的に大きく、そこがハナユメとの違いで優位に立っていると言えるでしょう。

    キャンペーンはハナユメの勝ち

    ブライダルフェアの式場探しキャンペーンの特典は、ハナユメ最大50,000円分でゼクシィが最大20,000円分と、ハナユメの方が30,000円分多くなっています。

    ゼクシィは式場探しキャンペーンでは20,000円分ですが、指輪探しキャンペーンで指輪の購入をしなくても+6,000円分の特典をもらうことができます。

    一方ハナユメは、式場見学に1件行くだけで15,000円分・成約すると+35,000円分の電子マネーがプレゼントされます。

    ハナユメとゼクシィのキャンペーンの詳細は以下のとおりです。

    ハナユメ ゼクシィ
    1式場 15,000円
    ※中国・四国は10,000円
    5,000円
    ※北海道・四国は3,000円
    2式場 追加なし 15,000円
    ※北海道・四国は6,000円
    3式場 追加なし 20,000円
    ※北海道・四国は10,000円
    成約 35,000円
    ※北海道・四国は30,000円
    なし
    指輪探しキャンペーン なし 6,000円(購入不要)
    最大合計金額 50,000円
    ※中国・四国は40,000円
    26,000円
    ※北海道・四国は16,000円

    ハナユメとゼクシィのキャンペーンについては、以下の記事で詳細をまとめてあるので参考にしてください。



    割引プランはゼクシィもハナユメも同じ

    結婚式の割引の金額は、ハナユメ割という100万円以上の割引きがあるプランが、ゼクシィには花嫁割という100万円以上割引きがあるプランがあり、どちらも同等の割引制度があります。

    結婚式費用に関しては、ハナユメやゼクシィに限らずどの結婚式サイトを利用しても金額に大差はありません。

    プランにより数万円の差は生まれていることもありますが、結婚式場に交渉すれば安い方のプランに値下げをしてくれるでしょう。

    イベント特典は甲乙つけがたい

    ハナユメの運営する結婚式イベントはブラフェス、ゼクシィが運営する結婚式イベントはゼクシィフェスタです。現在、新型コロナウイルスの影響でブラフェスはオンラインのみの開催となっています。

    ブラフェスの参加特典は電子マネー1,000円分で、その後にブライダルフェアに行くと+5,000円分、合計6,000円分の電子マネーをもらうことができます。

    一方でゼクシィフェスタの参加特典はQUOカード1,000円分+スマホリングで、抽選によりパナソニックドライヤーやバルミューダ炊飯器が当たります。抽選で当たれば、ブラフェスよりもゼクシィフェスタの方が特典が大きくなります。

    オリコン満足度はハナユメの勝ち

    画像引用:

    オリコン満足度は、ゼクシィよりハナユメの方が高いです。2020年の最新オリコンランキングで、結婚式相談カウンターランキング1位を獲得したのがハナユメです。

    ゼクシィは3位となっており、ハナユメはゼクシィよりも「利用のしやすさ」「店舗の清潔さ・雰囲気」「担当者のサポート力」「キャンペーン」と4つの部門で上回る形となりました。

    ゼクシィはハナユメよりも「結婚式場」の部門が上回っており、結婚式場の豊富さが優勢に働きました。ハナユメは総合的に満足度が高く、ゼクシィのように大手出なくても結婚式は安心して挙げられるでしょう。

    岩原由真

    ゼクシィは結婚式場の多さでハナユメよりも優勢に立っています。逆にハナユメは、顧客サポート力などの目に見えない部分で頑張っているようです。


    結局ハナユメとゼクシィはどっちがお得なの?

    ハナユメとゼクシィは、どちらを使えば結婚式をお得に挙げられるのでしょうか?多くのサイトでは、ゼクシィよりハナユメの方がお得に結婚式を挙げられると書かれてあります。

    しかし結婚式費用に関しては、ハナユメとゼクシィのどちらを利用しても大きな差は生まれないと断言しておきます。

    実際にハナユメのハナユメ割よりも、ゼクシィの花嫁割の方が安くなっている場合も多くあります。

    結婚式費用に関しては、最終的に結婚式場と新郎新婦の両者が交渉によって決めるものなので、そこにゼクシィやハナユメなどの存在はありません。

    仮にゼクシィに掲載されている料金がハナユメより高額であった場合でも、ハナユメのサイトを結婚式場に見せるとその見積りに合わせてくれるところがほとんどで、逆もまた然りです。

    結婚式サイトはキャンペーンの差で決める

    ハナユメとゼクシィ、結婚式費用に差が出ないということはどちらを選んでも損することはないということになります。

    しかし時期によってはブライダルフェアのキャンペーン特典に差がある場合があります。現在はゼクシィとハナユメで同額のキャンペーンとなっていますが、差がある場合は特典が大きい方の利用をおすすめします。

    また、結婚式に対して不安が大きいというカップルは、サポート力が評価されているハナユメを利用するという考え方もありです。

    岩原由真

    無難な選択はゼクシィです。どこにでもありますし、結婚式場の選択肢を多くできます。ハナユメとゼクシィ、どちらも使ってみたい場合にはもちろん併用可能なので金額差などを比較してみると良いでしょう。


    ハナユメとゼクシィの口コミ!違いはある?

    ハナユメとゼクシィは強みに違いがあることがわかりました。ではハナユメとゼクシィの口コミはどのようなものがあるでしょうか?

    ハナユメの口コミ
    MIZUKIさん

    サイトが見やすい

    色々サイトを見ましたが、ハナユメが1番使いやすくて写真も見やすくて結婚式場探しのストレスを感じませんでした。私はコロナの影響もあり少人数での結婚式ができるところを探していたのですが、検索を絞れる機能もしっかりしており、すぐに気になる結婚式場をピックアップできました。実際に結婚式場へ行ってみると素敵な結婚式場が多く、ノーストレスで結婚式場を決めることができました。

    みゆきさん

    割引が良い

    ハナユメは割引が大きいということを聞いて利用しました。半年以内の結婚式を申し込み、大安を避けた結果80万円程割引きになりました。思っていた以上の割引を受けることができ、挙げられないと思っていた結婚式場で結婚式を挙げることができて大変満足しています。

    みゆきさん

    式場を選びやすい

    サイトがシンプルでとても見やすいため、結婚式場を探すのが楽なのが大きかったです。また、チャットでも気軽に相談できて結婚式場のことだけでなく結婚式に対して様々なアドバイスを無料でしてもらえるというのがありがたかったです。ブライダルフェアの特典も利用でき、約30,000円分の特典ももらうことができて使ってよかったと思いました。

    口コミから見るハナユメ

    ハナユメはサイトも見やすい上に使いやすいという口コミが目立ちました。ただ、結婚式場に関してはゼクシィに比べると少な目だという口コミも多いので、不安な人はゼクシィも見てみると良いでしょう。

    また、ハナユメは結婚式の日取を調整すれば最大100万円以上割引が見込めるハナユメ割が好評です。ゼクシィの花嫁割と差はありませんが、ハナユメがお得だと考えているユーザーも多いようです。

    ゼクシィの口コミ
    りなさん

    選択肢が多い

    ここで挙げたい!と思っていた結婚式場がゼクシィにしか掲載されていなかったのでゼクシィを使いました。他の結婚式サイトと比べても結婚式場が多く、選択肢が多く持てるのがいいと思います。結婚に関する情報も多くあるため、見ていて飽きないサイトだと感じました。ただ、ちょっと見にくさがあるのが難点です。

    あゆみさん

    情報量が多い

    とにかく結婚式場数が多いということがよかったです。東京などならまだしも田舎に住んでいる私にとっては、頼れるのがゼクシィくらいで他のサイトだと全然結婚式場がありませんでした。また、アプリもあるのが便利でした。パソコンから見るとゼクシィは少し見づらさがあるので、アプリの利用をおすすめします。

    KOTONEさん

    大手だから安心

    雑誌もあるくらいなので、安心感があって利用しました。相談カウンターを利用したところ、担当の人もすごい優しく丁寧な方だったので頼りになりました。私たちの結婚式イメージを聞きながら、結婚式場を3つ提案して下見に行きそのうちの1つに決めました。他にも結婚指輪のことや保険についても相談できたので、ゼクシィはやっぱりすごいなと思いました。

    口コミから見るゼクシィ

    ゼクシィは業界最大手であることと、結婚式場掲載数が他サイトに比べても沢山あることから利用するのにも安心感があり、人気があります。

    一方で、ゼクシィはハナユメに比べて情報量も多いためサイトが少し見にくいと感じることもあるようです。

    岩原由真

    ゼクシィとハナユメの口コミはどちらも高評価でした。用途に合わせて使いやすい方を選ぶと良いでしょう。


    余裕があればハナユメとゼクシィを併用!

    ハナユメとゼクシィを比較してみた結果、ゼクシィは全国に提携会場や相談カウンターを網羅している強みがあり、ハナユメは顧客サポート力を強みとしていることがわかりました。

    キャンペーン特典や結婚式費用については両者に大きな差はないため、併用しながら結婚式を進めていくことをおすすめします。

    余裕のある新郎新婦はブライダルフェアのキャンペーンでハナユメとゼクシィの両方を利用すると、合計で50,000円分以上の特典をもらうことも可能です。