ブライダルフェアに冷やかしや荒らしで行っても怒られないって本当?

2021年1月18日

怒られる?ブライダルフェアの冷やかしや荒らし

結婚式場のことを理解する上で大切なブライダルフェア。無料の試食や特典も多いですが、冷やかしや荒らしで行くのは良いのでしょうか?

ブライダルフェアの冷やかしや荒らしについて徹底解説します。

この記事の目次

この記事を書いた人
岩原由真

2020年3月に結婚した卒花嫁。2016年から3年間のウェディングプランナー経験があり、結婚式も経験しているためウェディング事情に詳しい。

ブライダルフェアの意味は基本的に結婚式場の下見

ブライダルフェアとは結婚式場下見のことです。ブライダルフェアでは試食やドレスの試着など、様々なイベントを行っておりますが、メインは結婚式場を下見です。

結婚式場を下見してその結婚式場の特徴を理解してもらうことで、少しでも多く成約をしてほしいというのはどの結婚式場も同じです。

結婚式場は、結婚式を挙げてもらうと100万円以上の利益が出ることがほとんどなので、試食を無料でしてもらったりプランナーが時間をかけて口説いたり、コストを先行投資として多少使ってもブライダルフェアを行う価値があるのです。

よって結婚式場にとっては、結婚式を挙げる予定のない冷やかし・荒らしカップルは邪魔でしかありません。

ブライダルフェアは良いデートにもなる

結婚式を挙げようと考えているカップルにとっては、ブライダルフェアは良いデートにもなります。例えまだ結婚していなくても、結婚予定であれば結婚式場としては歓迎です。

結婚式に関しては、早めに準備しておいても損はありません。結婚式場をいくつか見回ってみて、お気に入りの結婚式場をあらかじめ見つけておくといざ結婚式を挙げるときになっても式場探しに疲れるということもないでしょう。

結婚式場の決定に関しては、迷うカップルは迷うので早めにブライダルフェアに行って余裕を持つことをおすすめします。

所要時間は大体2~3時間程度なので、出かけるところに迷ったときにブライダルフェアに行くというのもありですよ。


岩原由真

結婚式を挙げる予定が将来的に少しでもあるのなら、ブライダルフェアの参加資格としては十分です。仮に結婚式を挙げたくないと思っていても、もしかしたら挙げたくなるかもしれません。


ブライダルフェアで冷やかしや荒らしに思われる人の特徴

ブライダルフェアに参加して結婚式場から冷やかしや荒らしだと思われるカップルには以下の3つの特徴があります。

  • 結婚式に対しての真剣さが欠ける
  • 結婚式について何も決めていない人
  • 試食や特典目当てというのがバレバレな人
  • 結婚式に対しての真剣さが欠ける

    ブライダルフェアでは、まず最初にアンケート記入をしてそのアンケートを基にプランナーさんが色々と質問をしてくれます。

    プランナーさんと打合せをしている際に、態度が悪い・何も決めようとしない・無理難題を押し付けて逆に諦めようとさせるなど、結婚式に対して真剣さに欠けるカップルは冷やかしや荒らしだと思われても仕方ありません。

    また、ありがちなのは夫が結婚式に興味がなく話をあまり聞かないことですが、最悪どちらか一方が真剣であれば大丈夫です。

    結婚式について何も決めていない人

    ブライダルフェアは結婚式についてある程度決めていかないと冷やかしや荒らしだと思われてプランナーさんの対応が冷たくなるケースもあります。

    ある程度のラインは微妙ですが、ゲストのおおよその人数・結婚式の希望時期・予算の3つは最低限決めてからブライダルフェアに参加しましょう。

    そもそもブライダルフェアの予約時にネット上で希望時期などは入力しなければならないので、ブライダルフェアと「結婚式の人数・希望時期・予算」はセットという認識でいましょう。

    試食や特典目当てというのがバレバレな人

    ブライダルフェアの冷やかしや荒らしで最も多いのが、試食や特典目当ての人です。ブライダルフェアのほとんどは無料で試食できますし、何件か回ると数万円分の商品券をもらうことができるため、それ目当てになる人も多いのです。

    無料で試食ができたり特典をもらえたりするのは嬉しいものですが、「試食はまだですか?」「商品券はいつもらえるんですか?」などの質問は避けておいた方が無難です。

    岩原由真

    冷やかしや荒らしでブライダルフェアに行くのはもちろんNGですが、もし行ったとしても真摯な対応を心がけることが大切です。結婚式場を侮辱するような態度は間違っても取らないようにしましょう。


    ブライダルフェアで冷やかしや荒らしに思われないためには

    ブライダルフェアに真面目に参加している人にとっては、冷やかしや荒らしだと思われたらたまったものじゃありません。冷やかしや荒らしだと思われないためにも、以下の3つは気をつけておきたいポイントです。

  • 結婚式のことをある程度イメージしておく
  • 2~3時間のフェアに真剣に向き合う
  • もちろん途中で帰らない
  • 結婚式のことをある程度イメージしておく

    結婚式のことをちゃんと考えているように見せるためには、結婚式のことをある程度イメージしておくことが大切です。

    ゲストのおおよその人数・希望時期・予算はもちろんのこと、挙式は神前・人前・教会式のどれなのかやお色直しは何回するのかなどを少しでも多く考えておくと打合せもスムーズです。

    また、自分たちの希望を多く詰め合わせておくことで見積書も正確なものを出しやすくなるので一石二鳥です。

    2~3時間のフェアに真剣に向き合う

    ブライダルフェアの平均所要時間は2~3時間で、長いものだと5時間以上かかるものもあります。2時間以上話を聞いているのは大変ですが、結婚式のことを真剣に考えているカップルであればあっという間です。

    プランナーさんと話していると結婚式のイメージも湧きやすいですし、結婚式場を実際に見てみると結婚式を挙げたい気持ちにさせてくれるため、楽しい時間を過ごせることでしょう。

    もちろん途中で帰らない

    体調がよっぽど優れないのなら話は別ですが、それ以外の理由でブライダルフェアを途中で帰ったりするのはNGです。

    ブライダルフェアは予定の時間よりも押してしまうケースも多いため、その後の予定はなるべく入れておかない方が無難です。

    また、土日はどうしても混雑してしまう傾向にあるため、混雑を避けたいのであれば平日の夕方~夜を狙うと良いでしょう。

    岩原由真

    もし強引な勧誘や営業をされたりして不快に感じる場合は途中で帰ってしまってもOKです。また、どれだけ上手く乗せられても、ブライダルフェア当日に契約するのは基本的にNGだということは頭に入れておきましょう。



    ブライダルフェアでの冷やかしや荒らしはやめた方が良い

    ブライダルフェアで冷やかしや荒らしをしても良いというサイトもありますが、BEST MARRIAGE編集部としては反対です。理由としては、以下の3つです。

  • プランナーは真剣に仕事をしている
  • 結婚式場は神聖な場
  • 他の新郎新婦に失礼・邪魔
  • プランナーは真剣に仕事をしている

    ブライダルフェアの時間は当然プランナーさんは仕事中です。結婚式をこれから挙げることは有り得ないというカップルがブライダルフェアに行ってしまうと、プランナーさんにとっては時間の無駄にしかなりません。

    自分の仕事のために頑張っている人の気持ちを踏みにじることはやめましょう。自分が相手の立場だったら怒りますよね?

    結婚式場は神聖な場

    結婚式場はたくさんの新郎新婦が愛を誓ってきた神聖な場であるということも忘れてはいけません。また、神殿があるような結婚式場はちゃんと神様も祀られています。

    そんな場所で冷やかしや荒らしをしていたら罰が当たってもおかしくないでしょう。

    他の新郎新婦に失礼・邪魔

    ブライダルフェアには当然ながら結婚式を予定しているカップルが集まります。結婚式を予定しているカップルにとっては、冷やかしや荒らしで来ているカップルは邪魔にしかなりません。

    理由は、良いプランナーさんを取られてしまうかもしれないからです。できれば優秀なプランナーに担当してほしいと考えている人が多い中で、冷やかしや荒らし目的の人に取られてしまうのは残念で仕方ありません。

    その後の営業や勧誘は避けられない?

    ブライダルフェアに行くと、その後の営業や勧誘がしつこいという口コミも目立ちますが、結論としては結婚式場によりけりです。

    人気の結婚式場はあまり営業をしなくても埋まっていくので、営業や勧誘がしつこいというケースは珍しいと言えるでしょう。

    ただし、ブライダルフェアで「検討する」と持ち帰ったのなら断りの連絡くらいは入れるのが人としてのマナーです。

    岩原由真

    結婚式場には、契約を取ろうと必死のプランナーも少なからずいます。どんなプランナーも、自分が結婚式のお手伝いをしたいと思っているに決まっています。しかし強引な営業をしてくる人に限ってプランニング力はないので、プランナーの質を見極めておくのもブライダルフェアにおいて大切なことです。


    ブライダルフェアは未婚者・既婚者どちらでもOK?

    ブライダルフェアは結婚式を挙げる気があれば未婚者であっても既婚者であっても参加は歓迎されます。

    そもそも結婚式は入籍する前に未婚のまま行うカップルもいれば、入籍後に既婚者として挙げる場合も多くあります。

    ブライダルフェアに行くタイミングはいつが正解?

    ブライダルフェアに行くタイミングは入籍前と入籍後、どちらが良いのでしょうか?結論としては新郎新婦とその両親の考えによります。

    どちらかといえば入籍後に結婚式を挙げた方が、婚約破棄などにならない可能性が高く安心感があるため、入籍後を好む親が多いようです。

    入籍前だとまだ結婚はしていないため、結婚式準備の大変さでマリッジブルーになってしまい、婚約破棄される確率が高まってしまうということは認識として持っておいた方が良いでしょう。

    岩原由真

    ブライダルフェアは未婚・既婚問いません。入籍後に結婚式を挙げる人もいますし、再婚して結婚式を挙げる人もいます。結婚式を挙げる予定であれば、誰でも参加できます。


    既婚者で子供がいてもブライダルフェア参加はOK?

    既婚者で子供がいる場合でも、結婚式を挙げるつもりであればブライダルフェアの参加は歓迎されます。

    実際にブライダルフェア参加者の中には、子供を連れている夫婦もたまに見受けられます。初婚であろうと再婚であろうと、結婚式を挙げるつもりなのであればブライダルフェアは楽しい時間となるでしょう。

    また、子供がいることによって挙式で子供にリングピローを運んでもらったり、入場時に子供にエスコートしてもらったりと演出も楽しめるということも、子供がいる新郎新婦ならではです。

    ブライダルフェアは参加して損はない!

    1ミリでも結婚式を挙げる可能性があるのなら、ブライダルフェアは参加できます。

    結婚式場を見たら結婚式を挙げたくなるケースもあるためこの1ミリのラインは難しいですが、少なくとも今のパートナーと結婚式を既に挙げてしまった夫婦や結婚予定がないカップルは除外されます。

    新郎新婦どちらかが結婚式を挙げたくて、パートナーが挙げたくないという場合はブライダルフェアに参加すると気持ちが変わるかもしれないので積極的に参加しましょう。

    ブライダルフェアには無料でコース料理を堪能できたり、その結婚式場の施設(温泉など)の無料券がもらえたり特典が多くあるので、参加して損はありません。また、結婚式に興味があるのであれば2~3時間も楽しい時間となるはずです。

    岩原由真

    特典目当てや試食目当てで行くのは気が引けるかもしれませんが、もしかしたらその結婚式場に興味を持つかもしれません。ブライダルフェアに行くきっかけは特典目当てでも試食目当てでも大丈夫です。



    ブライダルフェアは結婚式サイトからの予約がおすすめ

    ブライダルフェアは、結婚式サイトを通じてインターネットから予約するのが簡単でおすすめです。

    結婚式サイトの中でも大手で人気のあるハナユメ・ゼクシィ・マイナビウエディングの3つが、掲載されている結婚式場も多くキャンペーンを実施していておすすめです。

    ハナユメとゼクシィは行った件数

    ハナユメとゼクシィに関しては、ブライダルフェアに行った件数が多いほど(3件まで)特典も多くなっていきます。

    結婚式場と成約をしなければいけないわけではなく、ブライダルフェアに行っただけで数万円分の電子マネーや商品券をもらうことができます。

    ハナユメとゼクシィのキャンペーンについての詳細は、以下の記事にまとめてあるので参考にしてください。



    マイナビウエディングは式場と成約

    一方でマイナビウエディングは、ブライダルフェアに行った件数が1件でも成約すれば特典がもらえるキャンペーンを行っています。

    成約が条件な分、ゼクシィやハナユメよりも特典が大きいというのが魅力です。結婚式場を探している中で、本命だと思う結婚式場があればマイナビウエディングからブライダルフェアを予約することをおすすめします。

    マイナビウエディングのキャンペーンについては、以下の記事に詳細をまとめてあるので参考にしてください。


    岩原由真

    お金と同じように利用できる電子マネーや商品券がもらえるキャンペーンなので、利用しない手はないです。特典分が結婚式費用に上乗せされるということも一切ないので、安心してキャンペーンに参加しましょう。


    ブライダルフェアは結婚式を予定する人が行くもの!

    ブライダルフェアはデート感覚で気軽に行けるものですが、冷やかしや荒らしで行くのは人としてNGです。その結婚式場だけでなく、ブライダルフェアに参加している人たちにも迷惑がかかるという認識を持ちましょう。

    結婚式を真剣に考えている人も、何も決めていないまま行くと冷やかしに思われてしまうかもしれないので少なくとも結婚式の人数・時期・予算はある程度で良いので決めておきましょう。

    ブライダルフェアに行くのなら、マイナビウエディングが特典も多くてお得なので検討してみると良いでしょう。