1.5次会・二次会代行ってなに?依頼するならどこがおすすめ?

1.5次会・二次会代行ってなに?依頼するならどこがおすすめ?

様々な結婚式スタイルが誕生していて、その中でも人気の1.5次会や二次会代行。それぞれどんな特徴があって、依頼先はどこがおすすめなのでしょうか?

この記事の目次


この記事を書いた人
岩原由真

2020年3月に結婚した卒花嫁。2016年から3年間のウェディングプランナー経験があり、結婚式も経験しているためウェディング事情に詳しい。

1.5次会とは?かかる費用や特徴を徹底解説

1.5次会は一般的な披露宴と二次会の中間という意味で、お披露目パーティーやパーティー婚などとも言われています。

披露宴よりもカジュアルなので費用も安く済み、主賓スピーチなどの堅苦しい演出はカットするのが一般的です。

料理に関しても、フルコースにする新郎新婦もいればビュッフェ形式にする新郎新婦もいてスタイルは様々だと言えるでしょう。

1.5次会の費用

1.5次会の費用に関してはスタイルによって大きく異なりますが、200万円以下で実施している新郎新婦がほとんどです。

ゼクシィ 結婚トレンド調査2020調べによると結婚式費用の平均額は362.3万円となっているため、比較すると150万円以上安いことがわかります。

当然ですが簡素にすればするほど安くなるので、100万円以下で1.5次会を実施している新郎新婦も多くいます。

1.5次会の費用に関してさらに詳しく知りたい人は、こちらの記事を参考にしてください。

会費制が多い

1.5次会はゲストからご祝儀を集めるのではなく、会費制を採用している新郎新婦が多いです。会費相場は10,000~20,000円が相場となっており、一般的な結婚式よりもゲストの金銭的負担が軽くなることもメリットです。

会費制にしている代わりに、引き出物をなしにしたり料理をビュッフェ形式にしたりしても許されるというのも1.5次会の魅力です。

また、会費制だとゲストから集まるお金も明確なため、自己負担額の予算に合わせやすいというのも良いところだと言えるでしょう。

会費制の結婚式に関してさらに詳しく知りたい人は、こちらの記事を参考にしてください。

岩原由真

1.5次会は結婚式をよりカジュアルにしたい新郎新婦に人気です。例えば親族のみを集めての挙式と食事会のみにとどめていた人も、友人や同僚へパートナーのお披露目をするために1.5次会を開く人もいます。


1.5次会はどこに依頼すれば良い?おすすめ業者

1.5次会を依頼するのは、プロデュース会社に依頼する場合と結婚式場に依頼する場合の2パターンが存在します。

以下では、1.5次会の依頼先としておすすめなプロデュース会社を2つ、結婚式場探しをするのにおすすめなサイトを1つ紹介します。

安さなら会費婚

会費婚はその名の通り会費制を取り入れた結婚式を挙げられるプロデュース会社です。平均費用180万円・自己負担5万円~で1.5次会を実施できるため、ほとんどお金がかからないと言えます。

結婚式アイテムについてもすべて持ち込みが無料でできるため、費用の節約もしやすいと言えるでしょう。

会費婚の特徴や口コミに関してさらに詳しく知りたい人は、こちらの記事を参考にしてください。

クオリティならネオフラッグ

ネオフラッグは1.5次会の基本料金14万8,000円で、平均費用が200~250万円・自己負担額が80~100万円となっており、会費婚よりも料金高めのプロデュース会社です。

料金が高い分、プロデュース力も高くて自由度の高いオリジナルな1.5次会を挙げることが可能となっています。

ただ、対応エリアのメインが東京と横浜となっており、その他の地域は出張料がかかるので注意してください。

ネオフラッグの特徴や口コミに関してさらに詳しく知りたい人は、こちらの記事を参考にしてください。

式場探しはマイナビ

結婚式場で1.5次会を実施しているところを見つけたいのであれば、専用ページがあってすぐに見つけられるマイナビウエディングがおすすめです。

また、マイナビウエディングに掲載されてある結婚式場の1.5次会プランは、ゲスト会費を15,000円程度に設定したとしても自己負担額を0円に抑えられるプランもたくさんあります。

お得に1.5次会ができる結婚式場を選びたいのなら、マイナビウエディングがピッタリです。

マイナビウエディングの1.5次会やパーティー婚は、こちらから公式サイトへいくことができます。

岩原由真

1.5次会のようにカジュアルな結婚式にして両家両親を呼ぶ場合は、必ず一声かけるようにしてください。親世代はまだまだ普通の結婚式を挙げて当然と考えている人が多いです。


結婚式の二次会はやらないとダメ?やる意味を解説

結婚式の二次会については、不要に感じている人も多いです。

実際にゼクシィ 結婚トレンド調査2020調べによると、二次会を実施した新郎新婦が41.2%となっており、実施していない新郎新婦の方が多いという結果になっています。

二次会をするメリット

二次会をするメリットは、結婚式にゲストとして呼べなかった人を招待できたり、ゲストとの距離が近く会話を楽しめるということが挙げられます。

披露宴は演出が多く、新郎新婦はゲストと会話する時間があまりありません。それに対して二次会は、ゲストとの会話を楽しむ時間が多いのが特徴です。

また、結婚式の感謝の気持ちをその場で伝えることができるというのも大きなメリットとして挙げられるでしょう。

二次会をしないメリット

結婚式の準備をしてさらに二次会の準備をするとなると、新郎新婦の負担も大きく諦めたくなるというのが本音でしょう。

二次会をしないことによって、新郎新婦の負担が減るというのは大きなメリットです。また、新郎新婦やゲストの金銭的負担が減少するのも大きなメリットだと言えます。

二次会のゲームや景品についてはいらないと考え、そのために会費を多く払うのも抵抗があるという人もいるのは事実です。

実施するならゲストのことも考えよう!

二次会を実施するのであれば、ゲストのことを考えないと不平不満が生じる場合もあります。特に会費設定・実施場所については気を配る必要があるでしょう。

二次会の会費は地域によって相場が異なりますが、どの地域でも10,000円以上はさすがにゲストから不満が出ることは間違いないでしょう。

また、実施場所に関しても結婚式場の近くにするなど、ゲストに負担をかけないための配慮が必要です。遠方のゲストが多い場合は、主要駅の近くにするなどの配慮も忘れずに。

結婚式の二次会に関してさらに詳しく知りたい人は、こちらの記事を参考にしてください。

岩原由真

司会などを用意せず、受付だけを用意して単なる大勢の飲み会のような二次会を実施する新郎新婦もいます。結婚式の二次会とはいえ形に決まりはなく、スタイルは新郎新婦それぞれです。


二次会代行ってどんなサービス?おすすめ業者は?

二次会代行は、司会や受付などの幹事や出欠確認などの準備、二次会用衣裳の手配などをすべて任せられるサービスです。

打合せ以降は準備~当日まで新郎新婦がほぼ何もしなくても良く、ゲストの会費からサービス料を徴収するため自己負担額0円~依頼することができます。

二次会代行サービスに関してさらに詳しく知りたい人は、こちらの記事を参考にしてください。

王道の2次会くんがおすすめ

二次会代行業者は数多くありますが、実績も知名度も抜群である2次会くんがおすすめです。

2次会くんは自己負担0~15万円程度かかりますが、その分司会者のクオリティも高いですし、すべてを任せても準備を滞りなく進めてくれるため安心です。

対応エリアも関東・東海・関西・九州と幅広く、成約するとディズニーのペアチケットをもらうこともできます。

2次会くんの特徴や口コミに関してさらに詳しく知りたい人は、こちらの記事を参考にしてください。

また、2次会くんは結婚式サイトとしても人気のあるハナユメともコラボしています。

ハナユメ×2次会くんに関してさらに詳しく知りたい人は、こちらの記事を参考にしてください。

準備が面倒な人は二次会代行がおすすめ!

二次会を実施したくても挙式や披露宴の準備で余裕がないという新郎新婦は、二次会代行を使えばすべてを解決してくれます。

二次会代行はプランの中にゲームの進行や景品が含まれているところも多く、利用すれば間違いなく盛り上がる二次会となるでしょう。

ただその分、ゲストの会費が圧迫されてしまう可能性もあるため、ゲストの負担にならないような会費設定をして残りは自己負担をするという考え方も大切です。

岩原由真

二次会代行は東海地方では約半数が利用するほど当たり前な存在になりました。まだまだ存在を知らない人は多いですが、これだけ楽ができるのは新郎新婦にとってメリットが大きいと言えるでしょう。


1.5次会で結婚式をお得に!二次会代行で二次会を楽に!

1.5次会は結婚式よりも金額相場が150万円以上安く、会費制が多いため新郎新婦にとってもゲストにとっても金銭的負担が少なくなるということがわかりました。

最近は結婚式スタイルに幅が出てきており、1.5次会のようにカジュアルな結婚式を挙げる人も多くいます。

結婚式の二次会は、準備が大変なことが大きなデメリットです。そのデメリットを打ち消すために、数年前に準備

~当日まですべてを任せられる二次会代行が誕生しました。

二次会をしたくても準備が大変で諦めようとしている新郎新婦におすすめなサービスで、自己負担も0円~依頼することができるので検討しましょう。