ブライダルフェアの模擬挙式・模擬披露宴とは?服装や注意点

2021年1月12日

ブライダルフェアの模擬挙式や模擬披露宴って?服装や注意点

どのブライダルフェアに参加するかを迷った時に、模擬挙式や模擬披露宴という言葉を目にする人も多いでしょう。

では、ブライダルフェアの模擬挙式や模擬披露宴はいったいどのようなことを行うのでしょうか?模擬挙式や模擬披露宴を選択するメリットや当日の流れ、服装などを解説します。

この記事の目次

こちらの記事は以下のサイトを参考にしております
ゼクシィ 結婚トレンド調査2020調べ


この記事を書いた人
岩原由真

2020年3月に結婚した卒花嫁。2016年から3年間のウェディングプランナー経験があり、結婚式も経験しているためウェディング事情に詳しい。

模擬挙式・披露宴とは?選択する割合は?

ブライダルフェアの中でも模擬挙式を行っている結婚式場は多いです。模擬挙式とは、結婚式場が依頼した2人のモデルさんが実際に挙式をしているところを見学するものです。

自分たち2人が新郎新婦役をするというわけではなく、逆にゲストの立場として挙式を見学します。第三者の目線で挙式を見ることができるので、結婚式場の良いところや悪いところを客観的に見ることができます。

模擬挙式というだけあって、行っている挙式スタイルも教会式・神前式・人前式の3つがあります。


教会式は見たことがある人は多いと思いますが、神前式や人前式を見たことがない人は多いでしょう。

模擬披露宴も存在する

ブライダルフェアには模擬挙式だけでなく、模擬披露宴も存在します。模擬挙式は挙式を見学しますが、模擬披露宴は披露宴を見学します。

実際に新郎新婦が入場するところや、ケーキ入刀などの演出を食事をしながら見ることができます。ゲストの立場から披露宴を見られるため参考になることも多くあります。

ただ、結婚式場としても予算を使うため実施している結婚式場はあまり多くありません。もし模擬披露宴を実施している結婚式場があれば試しに行ってみることをおすすめします。

ほとんどの結婚式場が、結婚式直前の披露宴会場を見ることが模擬披露宴としているので、注意して見てみましょう。

選択する割合

ブライダルフェアで模擬挙式を選んだ新郎新婦の割合は33.7%と試食・会場見学に次いで3番目に多いです。ちなみに模擬披露宴は20.3%となっています。

先述したように模擬披露宴は行きたくても実施している結婚式場が少なく、その分割合も少なくなっています。

岩原由真

ブライダルフェアには模擬挙式と試食がセットのものや、模擬披露宴と試食がセットになっているものも多いです。所要時間は長いですが、結婚式場を1日中無料で満喫できます。


模擬挙式・披露宴に参加するメリットはなに?

模擬挙式・披露宴に参加するメリットは、以下の4つが挙げられます。

  • 結婚式のイメージが湧く
  • 挙式スタイルを選びやすくなる
  • 収容人数を確認できる
  • 結婚式のイメージが湧く

    メリットとして1番大きいのは、模擬挙式・披露宴を見ると自分たちの結婚式イメージが湧きやすいということです。どのような流れで挙式を行うのか、演出はどのようなものを取り入れるのかのイメージができます。

    例えば屋外でフラワーシャワーを浴びたいと思ったとしても、挙式会場が屋内だとその演出は叶いません。模擬披露宴では装飾も見ることができるため、どの程度の装飾が寂しくないのかを見極めることもできます。

    挙式や披露宴の中でどこまで演出ができるのか、装飾はどうしたら良いのかは、模擬挙式・披露宴が1番確認しやすいです。

    挙式スタイルを選びやすくなる

    模擬挙式を見ると、結婚式のイメージが湧くので挙式スタイルも選びやすくなります。挙式スタイルには、教会式・人前式・神前式があります。1番人気は教会式で、2番人気が人前式、3番人気が神前式となっています。

    まず、和装をしたいのか洋装をしたいのかで教会か神殿かを選びましょう。模擬挙式は教会で行うものと神殿で行うもの両方があります。

    教会の場合は教会式か人前式、神殿の場合は神前式か人前式が行えます。特に神前式や人前式は見たことがないという人が多いと思うので、模擬挙式の種類としては教会式以外を選ぶのがおすすめです。

    収容人数を確認できる

    模擬挙式・披露宴を見ることで、結婚式場全体の広さが確認できます。教会や神殿は結婚式場によっては狭くてゲスト全員が入れないところもあります(特に神殿)。

    もしゲスト全員参加の挙式を検討しているのであれば、挙式会場は広い方が良いです。何人までならゲストが座れるのかを確認しておきましょう。

    また披露宴会場に関しては、何人までの収容でテーブル間の通路は狭くならないかを確認しておきましょう。テーブル間が狭いと新郎新婦が2人並んで通れない可能性が出てきます。

    岩原由真

    ゲスト目線から挙式や披露宴を見ておけるというのが大きいです。自分たちが満足できなければゲストも満足できるとは言い難いでしょう。


    模擬挙式・披露宴当日の流れ!所要時間は?

    模擬挙式があるブライダルフェアの流れはどうなっているかを解説します。

    アンケート記入と打合せ

    結婚式場に到着して席に案内されると、まずアンケートの記入をお願いされます。アンケート内容は、結婚式の予算・ゲストの人数・希望の時期などです。

    もちろんまだ決まっていないところも多いと思うので、おおよそで大丈夫です。その後アンケート内容を参考に打合せを15分ほど行います。

    式場見学

    打合せが終わると、控え室など結婚式場を案内されます。時間によっては模擬挙式・披露宴と前後する可能性もあるでしょう。

    参加するのが模擬挙式の場合は別で披露宴会場を案内され、模擬披露宴の場合だと別で挙式会場を案内してくれる可能性が高いです。

    披露宴会場では収容人数や装飾物の持ち込みの可否確認を忘れずに。


    模擬挙式・披露宴

    式場見学が終わったら次はいよいよ模擬挙式・披露宴です。模擬挙式は、本番のプログラムと同様に行われるので所要時間は30~40分かかります。

    教会式 神前式 人前式
    新郎新婦入場 全員で入場 新郎新婦入場
    賛美歌斉唱 修祓の儀(お祓い) 開式宣言
    聖書朗読 祝詞奏上の儀(神職が結婚報告) 誓いの言葉
    誓約 三々九度の盃 指輪の交換
    指輪の交換 指輪の交換 結婚誓約書にサイン
    結婚宣言 誓詞奏上(新郎新婦誓いの言葉) 結婚成立の宣言
    結婚証明書にサイン 玉串拝礼 閉式の言葉
    結婚成立の報告 誓詞奏上(新郎新婦誓いの言葉) 新郎新婦退場
    新郎新婦退場 巫女の舞 フラワーシャワーなどの演出
    フラワーシャワーなどの演出 親族盃の儀
    斎主あいさつ
    全員で退場

    模擬挙式では1つ1つ確認ができるので参考になることも多いです。特に神前式は見たことがない人も多く、流れをわかっていない人がほとんどなので勉強になることも多いです。

    一方で模擬披露宴の所要時間は1時間程度です。本格的な模擬披露宴では、新郎新婦入場からお色直し・キャンドルサービスなどの演出を見ることができて大満足のものとなります。

    しかし本格的な模擬披露宴はほぼなく、大体は結婚式直前の会場装飾を見て、演出などは映像で見るといった簡易の模擬披露宴が多いということを覚えておきましょう。

    打合せ

    模擬挙式・披露宴が終わると、プランナーさんと再度打合せをします。ここで実際の見積もりなども出してくれて、結婚式の費用も見えてきます。見積もりの注意点に関しては、以下の記事に詳細をまとめてあります。


    ブライダルフェアは何件か回って相見積りをとる人も多いですし、焦らずに決めてください。当日に成約するとトラブルにつながりやすいのでやめておきましょう。


    気になる結婚式場に関しては、仮予約システムがあれば仮予約をしておくと良いでしょう。模擬挙式・模擬披露宴ともに全体的な所要時間は3時間程度です。

    岩原由真

    真剣に打合せしていると、3時間は意外とあっという間に過ぎ去ります。時間が押してしまうことも多いので、その後の予定には余裕を持って行動しましょう。


    模擬挙式・披露宴に必要な持ち物や服装

    模擬挙式・披露宴があるブライダルフェアでの必需品は以下の2つです。

  • スマホ
  • メモ帳とペン
  • その他必要に応じて大きめのカバンやカメラなどを持って行くと良いでしょう。現在はスマホで撮影ができるようになりましたし、ほぼ手ぶらでブライダルフェアに行く新郎新婦も多いです。

    ブライダルフェアの持ち物に関しては、以下の記事で詳細をまとめてあるので参考にしてください。


    模擬挙式・披露宴の服装

    模擬挙式・披露宴は本番さながらで行われることが多いので、ジーンズやTシャツなどで行くと浮いてしまう可能性があります。

    男性も女性も、オフィスカジュアルのような服装をイメージして行くと良いでしょう。

    男性の服装

    男性は結婚式と言えばスーツを思い浮かべるかもしれませんが、スーツである必要は全くありません。

    冬であればジャケットスタイルにコートを羽織り、夏であればシンプル目の襟付きシャツで行くと良いでしょう。

    ボロボロのダメージジーンズやハーフパンツにサンダルなどは、結婚式場からの印象も悪くなってしまう可能性があるのでやめておきましょう。

    女性の服装

    女性は結婚式と言えばパーティードレスを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、男性と同様にカジュアル過ぎなければ問題ありません。

    ただし露出の多い服装はプランナーさんに良くない印象を与える可能性があります。

    女性で無難な服装は何と言ってもワンピースです。理由は、ワンピースを着ていればドレスを試着させてもらえるとなったときに脱着しやすくて対応が楽だからです。

    岩原由真

    時間が余ればドレスを試着させてくれる結婚式場もあります。ブライダルフェアに行く際は、念のためムダ毛処理をしておくと良いでしょう。



    模擬挙式・披露宴は結婚式サイトがおすすめ

    模擬挙式や模擬披露宴があるブライダルフェアは、結婚式サイトからの予約がおすすめです。

    なぜかというと、結婚式サイトからブライダルフェアを予約すると結婚式場からも結婚式サイトからも特典をもらうことができるからです。

    中でも特典が大きくておすすめな結婚式サイトがハナユメ・ゼクシィ・マイナビウエディングの3つです。

    ハナユメ・ゼクシィのキャンペーン

    ハナユメとゼクシィは、ブライダルフェアに行った件数が多いほど(3件まで)特典も大きくなっていきます。

    結婚式場と契約をする必要がなく数万円分の商品券や電子マネーを受け取ることが可能なので、人気の高いキャンペーンとなっています。

    ハナユメとゼクシィのキャンペーンの詳細については、以下の記事にまとめてあるので参考にしてください。



    マイナビウエディングのキャンペーン

    マイナビウエディングは、ブライダルフェアに行った件数関係なく、結婚式場と契約することによって特典をもらうことができます。

    ハナユメやゼクシィよりもハードルは高いですが、その分特典はマイナビウエディングの方が大きいです。本命の結婚式場は、マイナビウエディングを経由して予約すると良いでしょう。

    マイナビウエディングのキャンペーンに関しては、以下の記事で詳細をまとめてあります。


    岩原由真

    キャンペーンをしている会社が違うので、もちろん併用も可能です。結婚式サイトを上手く利用して、特典を多くもらうのもありです。


    模擬挙式・模擬披露宴で自分たちらしさを見つけて!

    ブライダルフェアの模擬挙式・披露宴で見本を見ることによって、自分たちの結婚式イメージが広がります。

    挙式スタイルは何が良いのか、どんな演出を取り入れたいのかなど、結婚式場の広さは十分かなど見れば参考にできることも多くあります。

    また、実際の挙式や披露宴を見ることによって自分たちの結婚式へのモチベーションも上がること間違いなしです。