なぜ海外挙式が人気なの?オススメするポイントや理由を解説

海外挙式って人気なの?おすすめするポイントや理由を解説

結婚式を考えている人は海外挙式を検討したことはあるでしょうか?海外挙式を検討しているカップルは、年々増加傾向にあり人気になっています。

では、海外挙式にはいったいなぜ人気になってきているのでしょうか?本記事では海外挙式のおすすめポイントや気をつけておきたいポイントを紹介します。

この記事の目次

海外挙式の人気度は?割合を調査

ゼクシィ 海外ウエディング調査2018調べ」によると、実際に海外挙式を行った人は全体の7.9%となっています。つまり12~13組に1組は海外挙式を行っている、ということです。

これが海外挙式を検討した人となると、38.1%にも上ります。それだけ多くの新郎新婦がが海外挙式に憧れているということですね。海外挙式ほどスケールが大きかったら、そりゃあ憧れますよね。

海外挙式の人気は年々高まっており、海外挙式を検討する新郎新婦が増えています。ではなぜ海外挙式が人気になっているのでしょうか?

人気の海外挙式!おすすめポイントは?

では、海外挙式をおすすめできる理由はどんなものがあるでしょうか?海外挙式をおすすめできる理由を5つご紹介します。

海外挙式は新婚旅行を兼ねられる

新婚旅行で海外に行きたいと思っているのであれば海外挙式で旅行を兼ねられることもおすすめできる理由です。

最近では新婚旅行の中で海外挙式ではなくフォトウェディングだけをしてきたという新郎新婦も多いです。

また、新婚旅行と海外挙式がパックになっているプランが主流になっており、挙式費用に関しても驚くほど高額ということもありません。

新婚旅行のついでにと言ったら聞こえは悪いですが、新婚旅行に行くのなら海外挙式も併せて考えておきたいところです。

海外挙式は圧倒的な非日常空間

よく結婚式は非日常空間を味わえるということを耳にしますが、海外挙式ならそのスケールも圧倒的です。

海外にはどこまでも広がるキレイなビーチがあったり、普段見ることのない建造物があったりするため、海外挙式の雰囲気は圧倒的な非日常空間という声も多く人気です。

海外挙式は日本の結婚式とはまた違った感覚を味わえることは間違いないので、現実から離れられることも間違いなしなのでおすすめです。海外挙式中に絶景の中で撮影された写真やムービーは、一生の宝物になるでしょう。

海外挙式はやっぱり高額?

海外挙式は高額なイメージがありますが、実はそこまで高額ではないというところもおすすめポイントです。安いものだと10万円台から海外挙式を行うことができます。

海外挙式のプランによっては衣装も入っていますし、その他にも牧師さんやヘアメイクなど挙式において最低限のものは入っています。海外挙式自体にかかる金額は日本の挙式と同程度ほどだと見ておいて良いでしょう。

もしその他に会食も、となれば海外挙式とは別料金になるので注意しましょう。

また、海外へ行く渡航費と滞在費に関してはやはり高額になります。海外挙式を行う場合、1週間程度の滞在が平均的となっているので2人で50万円程度は見ておかなければなりません。

たまに海外挙式は国内挙式より安いと言われることもありますが、間違いです。そもそも日本の結婚式と海外挙式は呼べるゲストの数が違うので、かかる費用も集まるご祝儀も違います。

自己負担額でいくと渡航費・滞在費の分どうしても日本の結婚式より海外挙式の方が高額になります。

海外挙式は超アットホーム!

海外挙式をする場合、ゲストの数は限られます。近い関わりがある人でないと、さすがに海外まで足は運んでくれませんよね。

そうなると挙式に関してはもちろん、会食中も人数が少ない分様々なお話ができるのでおすすめです。国内挙式の場合、新郎新婦は忙しいので中々会話する時間がありません。

しかし海外挙式では滞在時間を含めてゲストと一緒にいる時間も長く持てるので、たくさん話せて一生の思い出になることでしょう。

海外挙式は意外とシンプル

場所が海外ゆえに、海外挙式は手続きとか色々面倒くさそうと思ってしまう人も多いかと思います。しかし海外挙式の手配会社が数多く存在しているので、むしろ簡単に手続きができます。

一度来店予約をしてからというのは国内挙式と変わりありませんが、その後の打合せは海外挙式の方が少なく済むので意外と楽です。海外挙式の打合せに関しては電話やメールで済むことも多いので忙しい新郎新婦におすすめできます。

JTBやHISといった大手の旅行会社も海外挙式に参入しているので、プランをよく見て気に入った手配会社を選びましょう。

海外挙式はゲストをどこまで呼ぶのがおすすめ?

海外挙式で迷う部分は、ゲストをどこまで呼ぶかです。海外挙式のゲストに関しては、大体の場合下記のイメージです。

  • 2人だけ
  • 両家の両親
  • 両家の家族(兄弟含む)
  • めっちゃ仲良い友人
  • ゼクシィ 海外ウエディング調査2018調べ」によると、海外挙式のゲスト参加人数は平均で9.1人です。
    海外挙式は両家の家族のみで実施している新郎新婦が多いことがわかりますね。

    場所が海外ということもあり、海外挙式は旅費の関係で近しいゲストしか呼ぶことができません。そしてその海外挙式の旅費は誰が払うのか問題がどうしても生じます。

    国内挙式も海外挙式も親からの援助をもらってという割合が多いですが、海外挙式の場合はゲストの旅費含めどれくらいの金額になるのかを考えておきましょう。

    海外挙式に友人を呼ばない場合は帰国後に1.5次会を

    海外挙式が終わり、帰国後に人気なのが1.5次会です。1.5次会はお披露目パーティーのようなものです。

    1.5次会は会費制でちょっとラフな形になるので、ゲストも参加しやすいですし新郎新婦の自己負担額も安く済みます。

    もちろん絶対やらなければいけないというわけではないですが海外挙式をして国内挙式ができない分、検討してみた方が良いです。

    海外挙式後に1.5次会のようなものを実施しないと、自分のパートナーを紹介できる機会がなくなってしまいます。

    海外挙式は人気があっておすすめできる!

    海外挙式は実際に挙げているカップルが7.9%、検討した人は38.1%に上ります。海外挙式は年々検討している人が増加し、人気になってきています。

    海外挙式費用のカギを握るのはやはり渡航費と滞在費などの旅費関連になるので、早めの予約でなるべく安く行けるようにできると良いですね。

    一度気になる手配会社に来店予約をして、実際に海外挙式の見積りを出してもらうと良いでしょう。

    そして、海外挙式にする場合はゲストをどこまで呼ぶのかを検討するのも大切です。1番シンプルなのは、海外挙式に両家の家族を呼んで帰国後に1.5次会などのお披露目パーティーを開くことです。

    海外の圧倒的なロケーションで結婚式ができるのは本当に良い思い出になりますので、ぜひ検討だけでもしてみてくださいね。